昔はカレーサイトだったんです。
<< 【4/19】お礼日記 | main | 【4/21】虞美人草読んだ >>
【4/20】装丁を考える
朝:ソーセージとしめじとピーマンのオイマヨ炒め、味噌汁
昼:人参のラペ(コメント欄で正体が分かりました、ありがとうございます!)、ソーセージとしめじとピーマンのオイマヨ炒め、味噌汁
夜:スパゲティ、ピザ、肉

・昨日に引き続き、放課後ウィザード倶楽部の小説の直しをカリカリやるなど。

・で、夕方(18時半)から例によって放課後ウィザード倶楽部の打ち合わせをガッツリと。今日は24時まで掛かった……。

・今は主に読者の反応を受けて、既存回、ならびにこの先の回を調整していく作業なのだけど、自分の作品のクオリティがどんどん上がっていく感じがするので、意外と楽しい作業である。やっぱり自分の作品大好きだからクオリティが上がるのは楽しいんだよな……。

・既存回を調整している……ということは、つまり、コミックスで修正が色々入るということである。書き溜めのおかげで時間的余裕があり、とりあえず一巻はそれができる……。

・そろそろコミックス化作業もしなければなので、カバー案とかも考えていた。私も家であらかじめ、「この装丁がすごい」などを見て研究した。

・大きく分けて、漫画単行本の装丁は以下の三種類の方向性を持つ。

1、なんとなく雰囲気が良い
2、作品の内容を分かりやすく伝える(タイトルと連動している)
3、とにかく顔がでかい

 これにイレギュラー的な方向性として、

4、何らかの装丁のパロディ

 などが加わるだろうか。

・そうして見ると、ハンターハンター1巻の装丁は正直狙いがさっぱり分からない。

HUNTER×HUNTER モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2012-12-04)売り上げランキング: 1,422


・表紙を見ても何の漫画か分からないし、カエルは作品と関係ないし(出てきたっけ?)、タイトル見ても何だかよく分からないし、サブタイトルも特に惹かれない。1巻としてはあまり良い装丁とは思えないのだが、冨樫先生のことだから全部計算されているんじゃないかと疑ってしまう……。

・でもな……冨樫先生、キャラ作りとかもビジュアルは結構適当だもんな……。フィンクスはジャージ姿になっちゃったし。ヴィジュアルは適当で中身を作り上げていくスタイルだから、装丁もそんな感じなのかもな……。

・というわけで、いつもどおりクソみたいな絵を描いて持って行ったんだけど、なんか意外と普通に候補に入って嬉しかったです。クソみたいな絵でも描けるようになると意思疎通的に大分違う……。
| 日記 | 09:50 | comments(8) | trackbacks(0) | このページのトップへ
「3、とにかく顔がでかい」は通りかかった人と目が合う効果を狙ってるんだと思います。とにかく通行人が立ち止まって手に取ってもらわないと困るので。

2のわかりやすさと満たしつつ、見た人が「え?なにこれ?」って謎を提供するのも大事かと。
暗殺教室の1巻なんてまさに表紙もタイトルも「わかりやすく、かつ、なにこれ?」を満たしてる秀作だと思います。

正直、「この装丁がすごい」で本屋で思わず手に取るとしたら暗殺教室くらいで、ほかはその他大勢に埋もれちゃうかなーと。もちろん統計をとらないとわかりませんし、芸術性と広告性は別問題ですけど。
| お茶妖精 | 2016/04/21 12:11 PM |
暗殺教室の装丁はパないっすよね。
あれは見た瞬間やられたーってなった。
| かがみ | 2016/04/21 12:12 PM |
七峰wwwとか抜きに
最初っから読者に見せて、
反応もらっていれば
1発目からその完成度の高い?
お直しの入ったやつを
バーンッて出せるんですけどねぇ。
ま、権利とかネタバレとかは
要対応だけど。

あ、それをまた出版する前に見せて
更に修正していけば…。

ん、これ人件費こそかかるけど、
なんか無限に出来るぞ。

それこそリアルフィンクスの
リッパーサイクロンみたいじゃね?
| 鵜堂心太郎 | 2016/04/21 12:46 PM |
自分は、並べた時に一貫したコンセプトがあるとコレクター的に楽しいですね。
たとえばワールドトリガーみたいに、1キャラ1カラーみたいになってるとか。
平積みを遠目で見てもこれは誰の本だとわかるようなデザインの統一とかもあると、続刊を買い求めるとき目につきやすいかもしれません。

あと個人的には背表紙。入荷数が少ない本だと、新刊でも棚売りなことがあるので、背表紙だけを目にすることも多いのでは。
宣伝の際には背表紙の画像もあると探しやすいかもしれません。
(実際、自分は本屋で買うことが多いのですが、ネットの紹介だと表紙しかわからず棚から探すのはけっこう面倒です)
| ミドリムシ | 2016/04/21 12:55 PM |
平積み、背表紙に加えて電子の場合(サムネイル)も考慮するとよいかもしれません。
電子はタイトル入れる必要がないので、ホワイトアルバムみたいなのもアリですね。
暗殺教室はどちらもイケるタイプでした。

話それますが、タイトル長い作品などは可読できるレベルで表紙に入れなくてはいけないわ、電子でも長すぎて尻切れになり何巻かわからないわでだいぶ不利です。
ただ、検索に関しては効果はばつぐんだ!(全部打ち込んだ場合、ですが)
| 黒鈴 | 2016/04/21 3:05 PM |
2巻以降を平積みすると「気になるけど1巻読んでないし、探すの面倒だからいいや」ってことがありますよね。
VR技術を使って仮想世界に本屋を作ったら、スペースを無限に拡張してあらゆる漫画を平積みさせるなんて可能かも。おお!自分で書いててなんか面白く思えてきた。
| お茶妖精 | 2016/04/21 5:56 PM |
先日の日記でネームテンプレ使ってもらえてたみたいでありがとうございます。やったぜ!

目を引く装丁っていうと暗殺教室ですけど、あれは同じ事はやれないですし、あとは斉木とか、惡の華(押見修造)みたいにキャラにフキダシで台詞をしゃべらせてるやつは目立ちますね。

ウィザクラなら「夢の中で目覚めるとそこは異世界だった 何を言ってるかわからねーと思うが」みたいな四角のモノローグを表紙に入れるとか。
| ナカシマ723 | 2016/04/21 6:06 PM |
シリーズ物の宿命として「途中から入りづらいからフリの客は買ってくれないので1巻がいちばん売れる」、「でも続いてるかぎり続きを買ってくれる読者はいる」というのがありますよね。
これを両方満たすことはできないでしょうか。

そう、毎回毎回別タイトルの第一巻という嘘装丁をつけるのです!
電子版ではウィズクラシリーズとしてタグ付けを行い、かつ本誌でも「次巻はこういうタイトルで出ます」という告知を行えば連続性は保てるという寸法ですよ!
| raven | 2016/04/22 7:22 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック