昔はカレーサイトだったんです。
<< 【4/16-17】酔っぱらい専用ロック | main | 【4/19】お礼日記 >>
【4/18】休みだからフィギュア塗った
昼:ひじき、味噌汁、ソーセージ、キムチ
夜:しゃぶしゃぶ

・ヤッター! オフだー!!

・今日はフィギュアを塗りに行って、おうち帰って、重篤ソルティストと一緒にしゃぶしゃぶを食べながらジュエルペットサンシャインを2話分見て、今日塗ったフィギュアをニヤニヤしながらしばらく眺めて、重篤ソルティストとコンビニにアイス買いに行ってジャイアントコーンを食べた。ウオーッ、オフ楽しいぜーッッ!!

・そういえば今日ジャイアントホビーにフィギュアを塗りに行ったら、ちょうどペイントスペースで店員の千葉さんがイベント予告動画の撮影をしていた。



 私がスプレーをシューシューしてる横で撮ってました!

・というわけでウォーハンマー(エイジオブシグマーの方)の参加しやすいイベントが開かれるようなので、興味がある人はぜひどうぞ。

・でも、参加しやすい……と言っても、色を塗りかけでもOK、ルールうろ覚えでもOK、というところまでなので、それでも参加ハードルは結構高い気がしないでもない。なんかもっと一般人がヒョイって参加できるイベントがあればいいんですけどね。だって、私も興味あるけど参加できねーんだもん。

・というわけで、デスウォッチオーバーキルのお試しプレイ会とかあったらいいなあ、と思いました。まる。


 *

・今日塗ったフィギュア。



 「ディセント」の頼れる大型モンスター、エティンを塗りました! こいつの「投げ飛ばし」が勝敗を決めることが多々ある……重要なモンスター……。

・今回は体色でレイヤーに挑戦してみた。簡単にいうと、まず濃い目の色で体全体(黄土色とか赤黒とか)を塗り、次に凹んでいるところを残して少し明るい色を入れる。さらに三段階目として、明るい色を入れた中にもうちょっと明るい色を入れる。これでハイコントラストを演出するのである。



 この左側の頭の兜が分かりやすいだろうか。兜の中央の凸部分が光を反射して光っているように見えるだろうが、実は中央の部分だけ、より明るい銀色で塗っているのである。こういうのを部分的にやるのは前々からやっていたのだが、身体全体に施すのは初めての試みであった。

・もう少し大きな画像で見てみよう。



 こちらは赤色のボスモンスター。第一段階での暗めの色と、第二段階、第三段階での明るめの色との差が大きく、レイヤーがかなりパッキリしている。



 一方、通常モンスター。こちらはレイヤー間に差があまりなく、自然な感じでレイヤーが馴染んでいる。

・肌色の通常モンスターの方も、レイヤーを塗った段階では「パッキリしすぎてんな、大丈夫かな??」と思ったのだが、ウォッシュ(全体に入れる汚し)の段階で馴染んだ。「あ、全然平気じゃん」「ウォッシュが全てを解決してくれる……」と思って、赤い方もウォッシュしてみたのだが、こっちはあまり解決しなかった……。

・なので、赤い方はいまいち仕上がりが気に入ってないのだが、これは色見本通りにやった結果なので、明らかにダメというわけではなくて、これはこういう塗り方なのだそうだ。「入ってんのか入ってないのか分からないハイコントラストじゃなくて、ガッツリ入れたと主張するハイコントラストが好きだ」という人のための塗り方っぽい。

・両者の差は、おそらく第一段階から第二段階での色の明るさの上がり方で、肌色の方は上がり方が抑え目だったため、その差をウォッシュが繋げてくれた。赤い方は第一段階と第二段階がかけ離れていたため、ウォッシュで繋げるにしても限界があった。もしくはウォッシュの色選択の問題かもしれない。

・でもまあ、おそるおそる初めてやったにしては上出来だと思うので、なんのかんので結構満足している。いい休日だった……。

ディセント第2版  完全日本語版
アークライト (2012-10-06)
売り上げランキング: 14,240

| 日記 | 11:08 | comments(2) | trackbacks(0) | このページのトップへ
フィギュアの塗装、進歩してますね。
案外ネーム描いてるのも効いてるのかも?
どう見えるのかの意識とか。
| kk | 2016/04/19 10:18 PM |
あー、やっぱ気に入らない。

1回全部リセットだー!

とか言って除光液にでつければまっさらになるんかね。
| 鵜堂心太郎 | 2016/04/20 9:18 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック