昔はカレーサイトだったんです。
<< 【4/7】実録、私はこうしてネームを描いている | main | 【4/10】精神性が潮くん寄り >>
【4/8-9】刮目するが良い、我が全力のリフレッシュを
【4/8】

朝:ミルク粥
昼:カルビ麺(@大盛軒)
夜:ローストビーフ

・打ち合わせ。2週間かけてせっせこ描いてきたネームを提出したぞ! こ、これで今週は少し余裕が……。

・できるとでも思ったかアァァアアッッッ!!!!

・(((かがみよ……ネームを出したら……

 次に来るのはネームの直し…………

 直しなのです……)))

・そんな簡単な事実に気付かなかっただなんてッッ!!!

・私「えっ? これ、僕が直すんですか??」
担当「えっ?? いや、そりゃそうですけど……?」

 そりゃそうですよね……。

・私「聞いてよ〜。担当ったら酷いんだよぉ。僕にネームを直せって言うんだよおお」
重篤ソルティスト「えっ? それはそうなんじゃ……」

 そりゃそうですよね……。

・というわけで、なんか来週の水曜までは結局全然余裕ができないんだけど、参ったな、これ。

・夕方から「赤坂やかん横丁祭」へ参加。と言っても、何がなんだか全然分からなくて呼ばれるままに参加したのだけど、どうも博報堂ケトルの10周年記念パーティーらしい。

ケトル VOL.30
ケトル VOL.30
posted with amazlet at 16.04.10
西畠清順 笹岡隆甫 小田康平 河鹹照 伊藤 弘 南馬越一義 岸 勇希 市川沙耶 西田善太 太田出版


 どれだけ認知されてるのか分からないけれど、実はここで連載をやっておりまして、年に六本、短いレビューを書いているのです。

・で、パーティーなんだけど、社員総出でオフィス内にパブみたいなのとか屋台とか用意した「カネの超掛かった大人の学園祭」みたいな感じで、編集者の人たちはみんなお祭りムードでとても楽しそうだった。……だったのだけど、ここで出版社パーティーあるあるが発生。

「メシは旨いが、知り合いが一人もいなくて寂しい」

 やべえ。周りがお祭りムードなので寂しさが加速する……。すげえぼっち感。やべえ……。

・前回のケトルのパーティーでは山形浩生の兄貴とずっと話してたのだけど、今日は見た限り山形兄貴がいない。えっと……あとここに来てそうな人で、顔の分かる人……橋爪大三郎先生……? い、いない……。

・なけなしの社交スキルを全開出力にして幾人かに話しかけてみるも、二言三言続けるのが精一杯で撃沈……。博報堂のグループ会社の人たちが多いのかな……。私みたいにぼっちで来てる人を探さないと……。

・最終的にはオトトイの高橋健太郎さんと知り合えたので辛うじてぼっちは免れました! 二人で「知り合い全然いないですね……」「寂しいですね……」みたいな辛いトークを続けて1時間ほどで会場を去った……。

・でもまあ、ローストビーフは旨かったし酒も飲めたので、初めから一人でローストビーフ食べ放題に来たのだと思えばなんてことないぜ!(強がり)

・(((他のレビュアーの人たちの記事もちゃんと読んでから行けば良かったと激しく後悔!!!)))


【4/9】

昼:3色ソースの唐揚げ定食(@とり多津)
夜:酒(@庭の湯)

・朝、重篤ソルティストがすやすやしているうちに隣でスマホでカチカチやって最低限やらねばならない仕事を終わらせた。良し! これで今日はオフだ!! 誰がなんと言おうと今日は休むぞ!!!

・刮目するが良い、我が全力のリフレッシュを……!

・まずは重篤ソルティストとジョギング。まあ例によって重篤ソルティストはピューッと先に行ってしまうので、一緒にジョギングをしている時間は1秒にも満たないんですがね……。

・そのまま落合の唐揚げ屋に行ってお昼ごはん。帰りはジョギングコースを二人でゆっくり歩きながら、公園で座ってプチお花見など。

・「おうちに帰ったら一緒にエロゲーしましょうね」と重篤ソルティストは自分で言っておきながら、家に帰ると一瞬で眠りに落ちてそのまま夕方まで復帰しなかった。

・なので一人でゲームをしたり、ディセントの説明書をスキャニングしようとしたりしたんだけど、後者は今日のリア充オフにおける一点の過ちであったなあ……。

・スキャニング自体は休みの日に進めたい作業だったのだけど、なぜかプリンターが言うことを聞かなくってね。無線で接続してるんだけど、なんでかオフラインになってしまうんだ。これまでもたびたびあって、いつもなんとなく解決してたんだけど、今回は全然直らなくて、2時間くらいイライラしながら格闘するも結局ダメだった。SSIDとIPくらいしか設定することないのに、なんでなんだ。

・機材トラブルで休日の時間が浪費されるのマジで辛いですね……。限られた時間が、全く楽しくない悪戦苦闘で無駄に費やされていく……。そして結局解決しない……。一回やり始めたら、「これで解決するんじゃないか?」「これを試してみるか???」となって延々色々やって結局時間を無駄にしてしまう。今日みたいな「今リフレッシュしないとおれはしぬ!」みたいな日は、こういうのはダメだと分かった時点でパッと切り捨てなきゃだなあ。

・怒ってスキャナーに「うんこ! うんこ! うんこ!」と連呼してたら、重篤ソルティストが心配そうな顔で起きてきて、「漏らしたんですか……?」と言われた。

・夕方からは豊島園の庭の湯へ。スパだー!

・ここはカップルが水着でイチャイチャしながら入浴するというとんでもない堕落退廃スパ施設で、一目見ただけで利用者全員を無差別殺戮したくなるスポットなのだが、今や私も……その、なんだ……てへへ。

・め っ ち ゃ 楽 し か っ た で す !!!

・夕食は庭の湯のお食事処にて。居酒屋的な感じで利用して、お酒と食べ物を各種頼んでみた。温泉! 酒! ウワアァァーッ!!!

・諸君、人間長生きはするものだ。こんな私でもこんなにリア充できる日が来る……。ありがとう、塩。

・おうちに帰ってからもうちょっとだけゲーム! セイクリッド3をクリアしたぞう。

セイクリッド3
セイクリッド3
posted with amazlet at 16.04.10
スパイク・チュンソフト (2014-08-28)売り上げランキング: 8,079


 これね、前回「なかなか楽しい」と書いたけど、訂正しますわ。「結構楽しい」。それでもフルプライスはどうかなーと思うけど、3000円くらいの価値はありますわ。Amazonで新品900円なので、興味ある人はどうぞどうぞ。

・オススメは難易度Legend(ハードモード)。ちょっとやって操作になれたらすぐにハードモードにするのをオススメしたい。Amazonの低評価は「セイクリッド2と全然違う」「なんかボタン連打してたらクリアできちゃう」ところによるものだと思う。私の経験上、「このゲームつまんねえな」と思う時は大体難易度が低いんだ。

・ハードモードの終盤になると、敵はアホみたいに範囲攻撃をバンバン繰り出してきて、カスッたらグイッと体力減らされるので、必死に避けまくり、隙を見ては殴って、敵が固まったら範囲攻撃入れて、逃げて、避けて、回復アイテム必死に集めて……みたいな感じですごく楽しい。

・ボタン連打で適当に敵を蹴散らすのは別に楽しくないんだよな。クソ強い敵のクソ激しい攻撃を必死に避けて、勝機を見出したここぞという一瞬に最大攻撃を叩きこむのが楽しいのだ。その点の爽快感はしっかりとあるゲームだ。……ハードモードならね!!

・ノーマルモードだと回復アイテムが多過ぎに感じるけど(死んだら所持回復アイテムを使って復活できるので、死ぬこと自体に意味がないくらいのぬるさ)、ハードモードだと回復アイテム=残機になるので、その問題も解消される。

・そしてハードモードでも私のようなアクション下手が何度か頑張ればクリアできちゃうので、決して難しすぎるわけではない。なあに困ったらCO-OPだのレベル上げだのすればいい。

・このゲームの気持ちよさは結構ニンジャガイデンに通じるところがある。ニンジャガも適当に殴ってたらザコにあっさり殺されるゲームで、コンボも最後まで出しきらずに、周りの状況を見ながら止めて回避したりしなければならない。セイクリッド3も呑気に殴ってたら死ぬので、殴るか逃げるかの判断を常に強いられる。楽しい……。

・というわけで、このゲームはアクションゲームとしてはかなり良い物だった。ただし、ハックアンドスラッシュでは全く無い。アクションゲームだ。360ユーザーなら無料配布されたこれを持っている人もいるかと思うのでそういう人はぜひぜひ。

・お花見もしたし、温泉も入ったし、ゲームもクリアしたし、完璧ではなかろうか!
| 日記 | 10:26 | comments(4) | trackbacks(0) | このページのトップへ
>一緒にジョギングをしている時間は1秒にも満たないんですがね……。

かがみさんが先にスタートしたら、2秒くらいは一緒に走れるのではないでしょうか。
| ボンディー | 2016/04/10 4:08 PM |
算数の問題でありそう。
| かがみ | 2016/04/10 6:21 PM |
リア充は消毒だぁー!
ががみさんは他人の恋愛に興味持てないと仰っていたのだから
せめて我々クソ非リアの為におのろけを全く匂わせない日記を書くべきだと主張したい
今からでも遅くないので彼女はPCの中という設定にしようそうしよう
| モヒカンA | 2016/04/10 6:36 PM |
いやァァ〜のろけてるつもり全くねえんっスよォォ〜〜。
日常をォ、淡々とォ、綴ってるだけでェ〜〜。
| かがみ | 2016/04/11 9:30 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック