昔はカレーサイトだったんです。
<< 【4/3】花見沢俊彦 | main | 【4/5-6】仏教は二郎に勝てるのか >>
【4/4】スーパーマンIIみた
朝:豚汁、豚肉と野菜の塩レモン炒め、きんぴらいも
昼:豚汁、豚肉と野菜の塩レモン炒め
夜:ほうれん草とベーコンのペペロンチーノ

・午前中は動画の編集を終わらせて、午後は旧約聖書に関するライティングをするなど。

・そういえば「スーパーマンII」を見終わったんですよ。

スーパーマン ディレクターズカット版 [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2008-06-11)売り上げランキング: 15,018


スーパーマンII 冒険編 [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2016-02-24)売り上げランキング: 125,759


 無印「スーパーマン」はめちゃくちゃつまらなくて見るのが苦痛なレベルだったので、2も見ずに録画を消しちゃおうかと悩んだのだけど、まあこれも勉強かと思いがんばって見てみた。2は面白かったですね……!

・大昔の映画だからか、無印も2も脚本はめちゃくちゃ粗い。スーパーマンの能力も何ができてできないのか、さっぱり分からないので凄まじくご都合主義を感じる。腕力がすごいとか耐久力がすごいとかはともかく、大体やりたいことはなんでもできる。目からビームを出すのはいいけど、その気になれば指からもビームを出せるし、分身もできるし、吐息で大風を起こすのはともかく、息で凍らすこともできる。挙句の果てには口移しで記憶改ざんもする。

・「超人」ではなく「超能力者」と考えればアリなのだろうか……。魔法に近いよなあ。

・2が面白かったのはゾッド将軍たちがしっかり悪人をしていて、彼らが暴れまわる描写にリアリティがあったことだろうか。本当に変にリアリティがあって、ゾッド将軍は暴君なんだけど、それでも将軍というだけあって権力志向であり、権力を握りたいということは支配民はちゃんと確保したいわけだから、武力を誇示するために暴れまわることはしても無益に地球人を殺したりしないんだよな……。本当に変にリアリティがあった。

・無印はなぁ……。ルーサーが悪役として弱すぎた。いや、彼の悪行自体は結構な規模ではあったんだけど、いかんせん彼の隣にいる部下のオーティスが使えなさすぎるんだ。「ルーサーはなんでこんなクソをいつまでも側に置いてやってるんだろう」「こいつのせいでルーサーの計画は大半失敗してきたのでは?」「なんだろう、オーティスを使って悪事をするという縛りプレイなのか??」みたいに思ってしまう。なので、オーティスに困らされるルーサーに同情してばかりで、正義が悪を倒すカタルシスは全然なかったですね……。

・ルーサーはこの映画に出てくる「地下に潜行して大犯罪を目論む天才」よりも、最近の「大会社の社長で悪人、何の力も持たないけどカネと権力で正義に立ち向かう」キャラクターの方が活き活きしてる気がしますね。本人にも格を感じる。


 *

・今日のひらめきパズル。

ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート
コナミデジタルエンタテインメント (2011-01-27)売り上げランキング: 9,041


 お題は「ゴールを決めよう」。サッカーゴールポストがあって、その前にサッカー選手がいる。サッカーボールを召喚してゴールポストに投げ入れれば良さそうなものだが、サッカー選手がナイスキャッチしてしまうのだ。サッカー選手をまずはなんとかせねばならん。

・まずは「さつじんき」を召喚。これでサッカー選手を殺してもらおうと思ったら、なんと自キャラに向かってきた。ク、クソっ……。駄目だ、殺人鬼に見境など無い。

・困った時は「ニトロ」である。このゲーム、大体ニトロを使えば解決できる(結構本当に)。サッカー選手は爆死した。ゲームオーバーになった。

・殺してはいけないNPCがいることを学んだ。

・その後は「こいびと」を召喚して、サッカー選手に人生をゴールさせようとするが失敗。

・最終的回答としては、逆転の発想で、サッカー選手のいないところにサッカーゴールポストを別個に召喚。そこにボールを投げ込んでクリアーした。
| 日記 | 10:55 | comments(2) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スーパーマンは日付変更線を逆にぐるぐる回って過去に戻ったりもできますからね
レゴバットマンでもスプース使うとなんでも出来ますし…
| TheDrake | 2016/04/06 11:29 PM |
おれ、その知識をなんとなく持ってたせいで、大分長い間、地球の自転と時間の逆れは関係あるんだと思い込んでたよ。
| かがみ | 2016/04/07 1:07 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック