昔はカレーサイトだったんです。
<< 【2/27】グリムガル見てみた | main | 【3/1-2】クリップスタジオ使ってみた >>
【2/28-29】ディセント、キンプリ、そしてロボレス
【2/28】

朝:カレイの煮付け、温野菜、味噌汁
昼:味噌汁、グリーンカレー
夜:酒(@燿)

・ヤッター、今日はディセント会だー!! ぬりぬりしたフィギュアで遊べるぞー!!!



 今回はディセント初めてのレイブンさんがいたので、まずはチュートリアルからスタート。ペイント済みのゴブリンアーチャーが使えるぜ……。

・で、このチュートリアルだけれど、どうも最初ということで英雄側接待ゲーのような気がしている。オーバーロード側が勝てる気がしないんだよな。

・このゲームでは卍型の右側から出てくるゴブリンアーチャー(色を塗った小さなコマ)を左側の出口まで5体逃せばオーバーロード側が勝ち。英雄側(灰色のコマ)は赤いボスモンスター(エティン)を倒せば勝ち。ゴブリンアーチャーは初期配置が4体で、1ターンに1体ずつ追加。ただし、かなり脆いので小突かれると死ぬ。そして、最初は英雄側から動くので、1ターン目初手で2〜3体死ぬのはざらである。

・エティンは体力がかなりあるんだけど、英雄に囲まれてフクロにされたら2〜3ターンほどで死んでしまう。ダメージディーラーが英雄側にいたら2ターンくらいで死ぬ。

・なので、目的はゴブリンアーチャーを逃すことなんだけど、ゴブリンたちは一直線に出口に向かってたら多分ダメなんだよな。エティンが英雄を殴るのを射撃で援護して英雄をできるだけ倒し、復活で英雄の手番を削る必要がある。もちろんあんまり射撃してたら出口に向かえなくなるし、出口から脱出したらその分火力が1体分減ってしまう。ギリギリすぎるジレンマだ……。

・これまでもオーバーロード側は色々と試行錯誤してきたのだが、今回、私の取った戦術はかなり正解に近いのではないか、と思う……。思うんだけ、ど……



 エティンのスキル「投げ飛ばし」で治療型の英雄一体を上の方にふっ飛ばし、エティンが巨体で道を封鎖。これで治療型の英雄は仲間と合流できなくなり半ば死兵化する。エティンの下側に残り二人の英雄がいるので、このうち1体をエティンとゴブリンで毎ターン殺しつつ、隙を見てゴブリンが出口へと向かう。

・ただ、ここまでやっても上側の英雄は毎ターン2回攻撃してくるし、下側の英雄も1体が1アクションを蘇生に使った後に攻撃し、復活した英雄も元気に2回攻撃してくる。毎ターン5回も殴られるので、結局、数ターンで死んでしまう……。英雄をもう一体、上側に投げ飛ばして、下の英雄を1体にして毎ターン殺し、余った戦力で上の英雄も殺せればワンチャン……か? 特に今回はエティンが毒の状態異常を喰らってしまい、モンスターは状態異常を基本的に治せないので、毎ターンダメージを受けるのも辛かった。

・うーむ、やっぱどうにも勝てる気がしないぜ、チュートリアルめ……。

・続いて、クエスト「怪物の宝物庫」をプレイ。前半戦は元最強のアーチャーで現在は農夫のフレデリックさんを護衛して出口まで連れて行くミッション。

・……なのだが、今回、上級ルールで英雄側に経験値とゴールドが与えられ、スキル追加とショップでの買い物を行ったところ、英雄側の火力が凄まじく上がってしまい、オーバーロード側のモンスター(メリオッドと竜人兵)がゴミのように蹴散らされてしまう……。前半戦はオーバーロード側が手も足も出ずに敗北。こ、これはバランス大丈夫なのだろうか……。

・しかし、後半戦は意外にも善戦。



 8ターン以内に「トゥルー・ショット」なる宝物を手に入れて脱出するミッションなのだが、これは実際、前半戦でオーバーロードが勝っていたら英雄側は圧倒的に不利だったと思う。オーバーロード側が前半戦で勝っていた場合、ワープ装置を使えるのがオーバーロード側だけになるので、英雄からトゥルー・ショットを奪った後はそれを持ってワープして逃げまわってれば勝てるし、ミミックのオーバーロードカードでトゥルー・ショットの入ってる宝箱をモンスター化して、後は逃げまわってればそれで終わりな気がする。

・後半戦はオーバーロード側の宿主デッキが炸裂した。英雄側も強化されてスキルと武器を追加したのだが、オーバーロード側には切り札たるオーバーロードカードが追加されている(新たに追加したカードを加え、既存のカードを減らして、デッキを構築したりする)。宿主デッキの感染コンボは見事に決まればモンスターの攻撃に1ターンの間、毎回1ダメージと特殊攻撃(波動)を1つ追加できるというもので、ゴブリンアーチャー多数で囲んでガンガンやれば戦士型の英雄でもあっさり落ちる。つおい。

・なんだかんだで6ターンまで粘れたので、もうちょっと上手いことやれば、ひょっとしたら勝ててたかもしれない。前半のお通夜ムードを思えば相当の善戦と言っていいだろう。英雄側の初手の範囲攻撃でファイアインプ4体中3体が落ちたのが凄く痛かった……。

・その後、みんなで燿というラーメン居酒屋で酒を飲みながら感想戦をするなど。いや、すげえ楽しいですね……。ボードゲームして酒を飲むとか完璧ですね……。「そのうちみんなで温泉でディセント合宿したいですね」とかいう話まで出てきた。夢が広がるぜ。


【2/29】

昼:温野菜、ベーコンエッグ、さつまいも入り蒸しパン
夜:回転寿司

・今日は重篤ソルティストと1日デート。

・まずは二人で新宿の伊勢丹へ。前におばあちゃんから1万円分の百貨店商品券を貰ってたのでお買い物へ。いかんせん、百貨店とか普段使わないから何があるのかすらよく分からんのだよな。

・「ちょっと欲しいけど、普段だと高いから躊躇してしまうもの」を探してウロチョロして、結果的にはハーブティーを買いました。100gで3000円の品。お茶屋さんではなくて、健康食品系の店らしくて、ハーブティーも健康に良いことを強く押されたのだが、私たちは単に試飲して美味しかったから買ったのだよな(二人とも花粉症に縁がないのに花粉症体質改善用のハーブティーだったし)。あんまり健康を押されると「健康代」が入ってる気がして無駄に高い印象を受けてしまい、普段なら買いたくなくなるのだが、しかし、こういう時のための商品券よ……。健康うんぬんは別として、実際、味は非常に良かったのだ……。

・なお、100gで大体30杯分くらいなので、1杯100円と考えれば……まぁ許容範囲。

・その後は映画館へ。噂の「キンプリ」を見たぞ。なんだか凄まじくて言語化ができないのだが、後でニュース記事を書こうと思うから、その時に頑張って言語化してみるつもりだ。とにかく、ちょっと待ってくれ。

・さらにロボレスへ。ロボレス、また値上げして今や8000円である。アソビューで予約しても6500円になってしまった。今回、私が予約した時は5200円だったのでギリギリだ。

・8000円か〜〜。5000円時代は「5000円でも安い」と思っていたが、8000円となると流石にもう気軽には行けないなぁ。まあ、ロボレスに関しては、安くして潰れるよりは高くして末永く続いて欲しいので、いいよ。海外旅行客をメインターゲットにするなら、高めの価格設定もあながち間違いではないと思う(たぶんツアー料金に含まれるから旅行客はあまり意識しないと思うので)。

・なにげに半年ぶりのロボレスである。

・まず目につくことはショーにおける男性の役割が非常に大きくなったこと。単純に男性ダンサーの数が更に増えてるのもあるし、ダンサー紹介コーナーでも半分は男性を紹介するようになった。ロボレスに男性要素が増えて酒池肉林感が失われたことを以前は嘆いていたが、これはもうこういう時代の流れということで受け入れるしかない。

・最後のフィナーレはサンバ仕様になった。



 NORAZOの『SUPERMAN』は〆からフィナーレ一曲目に変更。長らくフィナーレを盛り上げてきた『Bomb A Head!』もついにフェイドアウトした。

・サンバ仕様は一つ一つの音が雑然としているため、客席との一体感や盛り上がりという意味では、正直、以前の方が完成度は高かったと思うが、代わりに視界のカオスっぷりは一段と激しいものとなった。圧倒的な悪趣味の暴力というか……。このサンバ仕様、たぶん浅草サンバカーニバルを踏まえてのショウなんだろうなあ。くっそ、やっぱ浅草サンバカーニバル行くべきだった……。

・ニュース記事で『キンプリ』と『ロボレス』をなんとか並べて書きたいんだけど、どちらもカオスではあるけど、どちらも言語化しづらいので、何をどうすればいいのか、いま結構困ってる。
| 日記 | 10:31 | comments(1) | trackbacks(0) | このページのトップへ
おつかれさまですー。ディセントクッソ面白かったです。
あれオーバーロード側の負担が半端無いのでサブマスターみたいなのを入れられたらちょうど良さそうですよね。5人プレイで英雄3人、オーバーロード2人体制くらいじゃないと辛そうです。

今回の後半も、あれ、本来はワープができてようやく4分6分くらいなバランスなんじゃないすかね?
アーチャーが拾って逃げると拾うのに1アクション使うから移動→殺害だと手が足りない。殺害だけだと地面に落ちた弓をターン頭に湧く増援が拾って逃げちゃう。アーチャー1体に最低2人割かざるを得ない地獄のジリープアー。ついでにアーチャーは英雄を飛び越えられるから逃亡を阻止するのも不可能。
つまり英雄が勝利条件を満たすには「宝を保持した状態でターンを終えて、かつオーバーロードの攻撃を耐える」必要がある。
……って考えると、ちょっとまた試してみたいですね-。
| raven | 2016/03/01 8:18 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック