昔はカレーサイトだったんです。
<< 【2/17】悪銭身につかず | main | 【2/19-20】原油もろうた >>
【2/18】瞳に輝きのあるゾンビ
朝:トマトソーススパゲティ
昼:チキンカツとハンバーグのセット(@くろんぼ)
夜:そぼろ肉うどん

・ヒャーヒャヒャーッ! 作業を概ね終わらせた私は胸を張ってフィギュアを塗りに行けるのだァーッ!?

・というわけで、今日も今日とて25分ほど自転車を漕いで高円寺のジャイアントホビーへ。今日は地味にペイント半額デーなのである。500円のところが250円になるぞう。

・今日は前回のお手軽に済ませたゾンビに手を入れるのと、ゴブリンアーチャーと、できればフレッシュモールダーを塗る予定だったのだが……



 ゾンビの手直しに大分時間を食ってしまった……。



 ちなみにこれが前回のゾンビ。やっぱり手を入れただけあって大分良くなっているとは思う。

・コメントに「目を入れてはどうか?」とあったので、それも試してみたのだが……かなり難しかった。費用対効果もあまりよろしくない気がする。ゲーム中、そうそう目を見る機会もないしなあ。

・眼は、まず眼窩を白のベースで塗った後に緑や赤のウォッシュを入れて(墨入れ)色を付けたのだが、ウォッシュはともかく小さいところを白のベースで塗るのは難しかった。単に手先の器用さや集中力が必要というだけでなく、筆が狙ったところにきちんと当たったとして、インクがフィギュアのその箇所に付着するかどうかが別問題なのだ。指先をプルプル震わせながらクソ小さい眼窩に面相筆の先っちょを必死に押し込んで、上とか下とかにクイッ、クイッと筆を押し付けてから恐る恐る抜き出して……「あ、あれ? インク付いてねえ……」となって愕然とする感じである。これを何度もやってると、そのうちに集中力が切れて盛大にはみ出すことになる。

・今日学んだことは、色を塗るスピードは筆のコンディションとインクのコンディションが大きく関係しているということだ。「うまくフィギュアにインクがつかない」状態だと、とにかく時間がかかる。逆にうまくインクが付く状態で塗り進められるなら、格段に早く(そうは言っても時間は掛かるが)、ストレスなく進められる。

・その辺の加減を今日は店員さんに細かくレクチャーしてもらっていた。私のこれまでの体感よりもあと一歩だけ水で薄める感じだ。すると筆の滑りが格段に良くなる。で、筆はしょっちゅう洗う。店員さんいわく「1分に1回」。インクもたくさん出さない。ちょっと出して、水で薄めて、固まったら水で溶かそうと思わずに新しく出す。その辺の手間暇を惜しまない方が結果的に早く塗れる。

・ゾンビにがっつりと時間を食われたので、ゴブリンアーチャーの方は中途半端なところで終わってしまった。



 まだ塗り途中。体表の色(ベースで濃い緑→レイヤーで明るめの緑)を塗って、リーダーユニットの兜や弓矢だけ色を付けておいた。最低限これはやっとかないと、どれがリーダーユニットだか分からなくなるんだよね。

・後はブーツやふんどし、肩パッドなどを塗っていく感じ。今のところウォッシュはやらなくていいのかな、という気がしている(ふんどしにはするつもりだが)。ドライブラシはどうなんだろう。

・個人的メモ:肩パッドの革の色はこれを使うこと。



・いやあ、フィギュアぬりぬり楽しい……楽しいよ……。タイムアップになって切り上げざるを得なくなった時にも「グワーッ、もっと塗っていたいーっ!!」と思ったし、家に帰る途中で「早くフィギュアが塗りてえ」と思った程だ。

・「こんな小さなフィギュアにあんなに複雑なペイントなんてできるわけないよ!」「天性の才能を持つ選ばれた人間にのみ可能なテクだよ!!」なーんて思っていたものだから、「やってみたら意外とできる」のがすげえ楽しいんだよな。

・これ、初めて弾幕シューティングをやった時と同じ感覚だ。「画面中ほとんど敵弾で埋めつくされてんじゃん!」「こんなんムリだよ!」「弾幕STGなんて一部のゲーム仙人たちが遊ぶものだろ!」。それがやってみたら意外と避けれるし、意外とクリアできちゃう。「意外とできちゃう」気持ち良さってのがきっとあるんだろう。

・あと、自分の持ってるオモチャ(ディセント)の価値が自分の手でドンドン上がっていってる感じがすげえ気持ちいい。今でさえすげえ楽しく遊んでるゲームの価値が! どんどん上がっていくんですよ!!! ゲームが楽しくなっていくというよりは、どんどん価値が上がっていく! なんなんですかね、この感覚! 自分の所有物がですね、価値が上がっていくんですよ! 価値が目減りしていって「あーあー」ってなる、あの反対の感覚が、自分の手で! 生み出せる!!!

・これ、たぶん新感覚なんだよな。今の価値に価値を上乗せしていく感覚って、これまでの人生経験の中でなかったんじゃないかな。ゼロを100にすることはあっても、100で売られているものを200にすることはないっていうか。人の創作物の創作相談に乗って100を150にするのとも明確に違うんだよな。所有物なんだよ。自分の所有物の価値が上がっていく。その新感覚っぷりに私はいま気が昂ぶってるんだと思う。ウオーッ!!
| 日記 | 16:10 | comments(3) | trackbacks(0) | このページのトップへ
楽しそうにしているのを読んでいるとフィギュアを塗装してる記事なのに何故かゲームの方がやってみたくなりました。

Amazonが27%offになってるけど、これはいつもそうなのか今だけのセールなのかどっちなんだろう…?
| さぼてん | 2016/02/19 11:28 PM |
これはいっつもこのお値段っすねー。

http://www.suruga-ya.jp/product/detail/607027546000

駿河屋の方がもうちょっとお安い。
| かがみ | 2016/02/19 11:57 PM |
「いままでなかった新感覚に高揚する」っていいですよね……。
そこそこトシ取っても、まだまだ世の中には腐るほどあるだろうし
| t | 2016/02/20 4:07 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック