昔はカレーサイトだったんです。
<< 【2/10-11】はじめてのフィギュア塗装 | main | 【2/14】エルダーサインやった >>
【2/12-13】先達はあらまほしきことなり
【2/12】

朝:ペペロンチーノスパゲティ
昼:ささみの紫蘇巻き、ミニオムレツ、味噌汁、納豆
夜:トマトスパゲティ

・打ち合わせBに向けた準備→打ち合わせAのための作業→打ち合わせA→打ち合わせB

・「オエーッ、今日はやることが多過ぎるぜ……」と思っていたけど、案外なんとかなって嬉しかったです。らいしゅうがハードだ。


【2/13】

昼:味噌ラーメン
夜:豚ロース焼き&チキンカツ(@おなかいっぱい)

・今日のフィギュアぬりぬり。




 これ(先日のプレイ中の写真のクモさん)が…………
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 こうなりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 これが…………
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 こうなりました。
 
 
・やっべー、超たのしい。めっちゃたのしい。一昨日塗ったばかりなのに、今日また塗りに行っちゃったし、月曜も塗りに行きたいけど流石に仕事しないとヤバイ。

・今日はクモx5体、ゾンビx5体を塗りました。計5時間。





 ゾンビはかなり手抜き。主に時間が掛かったのは赤クモのベース塗り(クモの体全体を赤に塗る)だったりする。一度、下地塗りということでどちらのクモも黒スプレーで塗りつぶしてから、赤クモは体全体を赤に塗ったんだけど、脚の裏側とか塗りにくい場所が多くって……。下地も赤スプレーで塗っちゃえば早いんだけど、黒スプレー→赤スプレーと重ねると溝が潰れてしまう危険性があるらしく、やっぱり筆塗りの方が安全は安全らしい。

・ゾンビは緑色でスプレーした後に墨入れをしただけのお手軽塗装。こっちは1時間しか掛かってない。ディセントはフィギュアの数が多いから、この辺は省エネで行こう……と思ってこうしたのだけど、なんかすごい見劣りするというか、いや、これでも元の真っ白、真っ赤に比べれば断然いいと思うんだけど、なんかもっとイイ感じに塗れるんじゃないか、もう一手間、二手間でグッと良くなるんじゃないか……みたいな誘惑に駆られている。

・今回、費用対効果の面で素晴らしかったのは黒クモだ。これは下地が黒スプレーで、その上から明るめの灰色でドライブラシをかけて、全体に墨入れして、目のところに緑を塗って、そこも別個に墨入れしただけ。作業が簡単な割にすごく雰囲気が出ている。この労力コストでこの出来栄えが得られるんなら、他もこんな具合でやっていきたいものなのだが、これはたまたまこうなったというか、他のにどう応用すればいいのか分からんのだな。

・いやはや、しかし、ジャイアントホビー素晴らしい。素晴らしいぞ。ペイントスペースと用具が揃っていて一日500円という安さもだが、何より店長に適宜質問できるのがすごくいいぞ……。先達はあらまほしきものなりという言葉を噛み締めている。もし何の助言もレッスンもなく、自力で上の黒クモのように塗ろうと思えば途方も無い労力が必要になったことだろう。まずもってドライブラシや墨入れという概念と技法に辿り着けないし、そもそもベース塗りの「5〜10%の水で薄める」「乾いたら二度塗りしてムラをなくす」の段階で躓いていたと思う。

・特にドライブラシは、今回の黒クモを「極小の労力で」「効果的に魅せる」ことに大きく貢献しており非常に素晴らしい。とても効果的なテクニックなのだが、あんな変態的な技法に自力で辿り着けるわけがない。先達はあらまほしきことなり。誰が発見したのか知らないけど私にこの技術を伝えてくれて本当にありがとうと言いたい。

・今のところネックになっているのは墨入れで、「どのタイミングで」「何色で」入れればいいのかがよく分からない。例えばクモだと、牙の部分を私は灰色で塗っていたのだが、店長の助言により(確か)深緑で墨入れすることになった。すると牙に適度な汚れがついてリアリティと立体感が出てグッと良くなったのだが、このタイミングで墨入れをするという認識がなかった。言われてみれば確かにここで墨入れをした方がいいことは分かる。でも、ここを深緑で墨入れするという色のセレクトは未だによく分からない。

・明るい緑で塗ったクモの目のところにも深緑で墨入れをしてある。これも店長の助言によるものだが、ここで墨入れをするのも、ここを深緑にするのもよく分からない。ここが墨入れのタイミングだというのは分かるような分からないような話で、おそらく緑をベースの黒に馴染ませて、はみ出た部分を目立たなくさせるためだとは思うのだが、この論理を他のペイント中に働かせて「よし、ここで墨入れだ」とできないのだよな。深緑という色のセレクトはやっぱりよく分からない。自分で判断すると、ベースが黒だから黒で墨入れしそうになってしまう。

・一方で赤クモの方の黄色のラインには墨入れをしていない。これは私も墨入れいらないだろうなと思っていた。実際「黄色はくすんじゃうだけ」だそうな。

・そして、今私はグーグルで「Descent paint」でググって出てきた画像検索結果を見ては、「この配色は参考になるな」「これを応用して塗ってみるか……」などと考えながらニヤニヤする時間を過ごしている。やばい。思った以上に楽しいぞミニチュアペイント。次はゴブリンアーチャーとフレッシュモールダーを塗りたいぜ……。次のお休みいつにすっかな……。
| 日記 | 21:55 | comments(6) | trackbacks(0) | このページのトップへ
ある程度年齢を重ねてからの趣味の構築というのはタイミングやら人脈やらがうまく重ならないと踏み出せないんですよね〜。
没頭できることが増えたのは幸せそうでなによりです!
| みのる | 2016/02/13 10:17 PM |
グッと雰囲気が増してるなぁ
| HL | 2016/02/13 11:10 PM |
おおークモすげー良い感じ。
楽しそうだなー
| フォックス | 2016/02/14 4:06 AM |
人形は目が命というので目だけ塗るだけでだいぶ変わりそう。
眼窩に黒系で影を落とすか、
赤→緑、緑→赤の反対色で怪しげな燐光を灯すとか。
| kk | 2016/02/14 9:42 AM |
自分はスミイレをガンプラで学びました。
同じ白いガンダムでもスミイレの色を黒やグレーやブラウンに変えるだけで雰囲気がずいぶんと異なる印象を受けるんですよね。
なかなか奥が深いです。
| あにゃま | 2016/02/14 9:30 PM |
たのしそうおもしろそう。
トクサツガガガで塗装の話読んで興味出てたんだよなぁ。しかしうまい。
| 黒鈴 | 2016/02/15 8:30 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック