昔はカレーサイトだったんです。
<< 【2/28】ビッチの館クリアー | main | 【3/2】侍情報収集中 >>
【3/1】ゲームが面白すぎてそれどころではない
昼:佐野ラーメン
夜:納豆そば

・WizOnが面白すぎてそれどころではない。新ダンジョンに新職業がいっぺんに来たからなあ! 攻略、トレハン、上位職の情報がようやく出揃ってきて、どれに手を出しても楽しく、どの情報が新たに舞い込んでも皆で一喜一憂きゃあきゃあとしている。ダメだ! 楽しすぎる。この圧倒的な楽しさの前には「WizOnしてない人たちでも楽しめるようなバランスの取れた日記を……」などという配慮はムリだ! ごめん、数日後には落ち着くはずだ。

・そして、それどころではないので今日は一日仕事もせずにゲームをしていた。いいんだ、今日はオフなんだ。オフにしたんだ。

・攻略の方は最終決戦場のハードモードに挑戦。二回挑んで二回ともダメだったんだけど、一回目でしっかりと情報収集し、二回目は前情報を元にかなりの進歩を見た。具体的に言えば、一回目ではボスの体力を3割しか削れなかったが、二回目では7割削った。と言っても、ボスは徐々に体力を回復させるようなので、単純に後3割とは言えないのだが。

・トレハンでは、いま話題のクモ狩りをソロでやったりPTでやったり。い、石が出ねぇ……。ロリカさんに侍石を3つ譲ったのでクモでちゃっちゃと稼ぐかな―、とか思ったのに、出ねぇ。こないだあんなに出たのになあ、ちくしょう。

・けど、クレッセントムーンは出たよ。「クレッセントムーン出すぞ! 出すぞ!!」と意気込んだぺちーさんがクモ狩りを始めて1時間のことでした。ぺちーさん、今回は早かったですね……。ジャホウの時はあんなに苦戦したのに……。

・あと、ロイターアーマーを狩っていたら、私が設置してた罠に白ネの人が引っかかって死んじゃったので、とりあえず死体を漁ってみたら石があったので貰ってみた。「わーい、上級石だー、ほくほく」と思いながら鑑定したらイビルロック鉱石だったので、後でメールで12000G送った。(有)もひSHOPではいつでも、いくつでも、おひとつから、イビルロック鉱石を12000Gで買取しております。7chスラム本舗、もしくは3ch表町noburyo代理店、8ch表町lm400代理店までお気軽にお問い合わせ下さい。メール取引も歓迎です。

・トレハンに関しては、目下の課題としては刀を落す敵を特定したいところだ。最終決戦場でSR13刀が出るという話は聞いたが、SR8の駒鳥、SR12の緑川に関しても産出場所を特定したいな。緑川までずっと数打ちを使うってのもなぁ、という気がする。

・そして最後に侍情報である。これにはスラム全体がワクワクした。ロリカさんが侍になったのだ。「人に先駆けて人柱になるなんてえらいなあ」などと思っていたが、いやでも、このワクワク感を先駆けて楽しめてワクワク感の中心になれるんだから全然アリだな。ロリカさんは賢い選択をした。みんながロリカさんを囲んで「ロリー縮地して、縮地!」「MAあげるから属性剣して!」みたいな感じで転校生の初日みたいな扱いだったもんな。

・さて、その侍である。これが思った以上にピーキーな職のようだ。これまでの日記でも幾らかの予測を立てていた。「ODをためてバンバンコンボを入れる職なのだろう」「構え切り替えの威力アップがダメージディーラーとしての侍の真骨頂なのか?」「魔攻パッシヴとMA7を継承しての属性剣が強いのでは?」「ブラックアーティストはまるまる捨てるのがおそらく正解」。これらの予測が全てそのまま過剰な形で現れた職だと言える。いや、過剰すぎた。

・ODに関しては、三段コンボが思ったよりも安かった。OD消費50-50-50だと思っていたが、どうやら30-30-40らしい。その上、回氣剣の回復量がスンゴイらしくて、それぞれのCT(クールタイム)も短め。さらにはスキルLvを上げることでCTも短くなっていくという。

・構え切り替えは凄かった。「切り替えたら威力が1.5倍くらいになったりするのかなあ?」なんて思っていたのだが、実際は4倍である。びびった。Lv5の侍がNPC相手に4000ダメージを出していた。通常攻撃で、だ。ロリカさんは物理攻撃パッシヴLv6なんてのを持ってるが、それにしたって凄まじい数字である。「通常攻撃が必殺技のようだ」と皆が言っていた。本当にピーキーな職である。

・代わりに足が遅い。抜刀中は常時レグバ7を食らったのと同じ移動速度となる。刀を外せば移動力は戻るのだが、戦闘中に細かな立ち回りで背面を取るシーフとは全く違った戦い方となるのだろう。縮地は敵はもちろん味方にも引っかかるので、おそらく細かな位置調整には使えないと思われる(だが、引っ掛かりを逆に利用し、ステップ回避→縮地などを駆使すればいけるのか?)。足を止めて背面から殴り続けるプレイスタイルが基本となるのだろうか。となると、ある程度硬さも欲しいが……。

・属性剣は、どうもアイスエッジやフレイムブレードのように、物理攻撃ダメージ+追加の属性攻撃ダメージ、といった形になるらしい。特に魔攻パッシヴも持たないロリカさんの追加ダメージは本当にオマケ的なものだった。これはブラックアーティストも含めて、伸ばすか伸ばさないかの完全な二択になると思う……。

・総じて、殴りが強い。まだはっきりと分からないが三段コンボの威力も高いのではないか? 今日知り得た情報の限りでは「こりゃブラックアーティストなんか取ってる場合じゃねえな」という印象。魔法を使う機会がある気がしない。どう考えても取らないのが正解のような気がする。「バインドだけは取る人が結構いるんじゃないか」などと予想していたが、バインドすら取る余地がない気がする。あえて取るなら魔攻パッシヴを継承して、属性剣メインで伸ばす感じになるだろうか。

・これらの情報を前提に、現状の継承候補を見直すと次のような感じになる。

○メイクメディスン:心頭滅却での体力回復効果が低く(1割回復? 2割回復?)、スキルLv7にするにはLv50が必要とのことで、最終的な使い勝手がどうなるかは分からないが、これだけを回復スキルとして侍をやっていくのは辛そうだ。となると補助的な回復手段が欲しくなるわけで、メイクメディスン継承は有力視される。

◎デコイ:「足を止めて背後から殴り続ける」が侍の基本スタイルとした場合、デコイは非常に相性がいいと思う。効かない敵には全く効かないのが難点だが、これさえあればソロもできるようになるだろうし、ぜひ欲しい。

○ヘイト蓄積量減少パッシヴ:上のデコイ戦術を取るにしても、タンクに盾を任せるにしても、これは持っておきたい気がする。

○ステルス:同上。一度ヘイトをゼロにできるのはデカイ。攻略時や移動時などでも役に立つだろう。

△OD回復パッシヴ:思った以上に回氣剣が優秀そうなのでこれはいらないかもしれない。

△物理攻撃パッシヴ:超絶大安定。ただ、今からファイターLv50まで育てるのは辛すぎる……。

△魔法攻撃パッシヴ:ブラックアーティストと属性剣でいくならこれも大安定。ファイターLv50よりはメイジLv50の方がまだマシだが、いやはや五十歩百歩か……。

×スタンスマッシュ:「断氣剣とスタスマ使えば気絶させまくりじゃねーの?」なんて思っていたが、断氣剣の効果時間がわずか1秒ということで、その方向性はちょっとなくなった。というか、断氣剣どうなんだろう、これ……。スキル潰しには使える、と考えるべきか、いや、でも1秒だとそもそも若干の気絶耐性でも効かなかったりしないのか。

○ポイズントラップ&アシッドパーツ:徹甲剣の効果時間がわずか5秒ということで、逆に継承がアリになってきた感のあるアシッドパーツ。おそらく徹甲剣での上書きはないだろう。徹甲剣とアシッドが両立するなら全然継承はアリだ。徹甲剣で上書きしてしまうようなら徹甲剣は使わない方がいいくらい。アシッドで徹甲剣を上書きするのは大した問題ではない。ただ、アシッドを入れることで与ダメがちゃんと伸びるかどうかはきちんと確認したいな。伸びないはずはないとは思うんだが。

・今のところの継承候補はこんな感じだろうか。


【徹甲剣とアシッドの相性が良かった場合】

デコイLv7
ヘイト減少パッシヴLv7
ステルスLv2
ポイズントラップLv7
アシッドパーツLv7

※デコイが効く相手に対してはソロ殲滅能力は高いと思われる。メイクメディスンがないので、ミドルヒルポで誤魔化しながら戦うか、一撃もダメージを食らわないような立ち回りを心がける必要が出てくるが……。


【徹甲剣とアシッドの相性が悪かった場合】

デコイLv7
ヘイト減少パッシヴLv7
ステルスLv2
メイクメディスンLv7
OD回復力上昇Lv7

※アシッドでの防御力低下が見込めない分、火力では劣ることになるだろうが、回復スキルがあるため様々な場面で安定するはず。回氣剣は多数の敵に当てなければOD回復が活きてこないので、単体相手にする時はOD回復力上昇も悪く無いと思われる。


【頑張る気力が生まれた場合】

デコイLv7
ヘイト減少パッシヴLv7
ステルスLv4
メイクメディスンLv7
物理攻撃パッシヴLv5

※ファイターLv41までなら何とか……。慣れない職をやるのは本当にキツイんだよなぁ。OD回復力上昇Lv7を取るよりも強いと思うが、本当に強いのかどうか、強いとしてファイターLv41まで上げる費用とのコストパフォーマンスはどうなのか、その辺りも加味して考えるべきか。
| 日記 | 14:44 | comments(4) | trackbacks(0) | このページのトップへ
それでも魔法剣士を期待しておりますよ…
| 教祖 | 2013/03/02 3:07 PM |
オンラインゲーのこの圧倒的かつ麻薬的な快楽を得てしまうと
スタンドアローンのゲームの刺激が物足りなくなってしまうんだよなー
(快楽の種類が違うとは思うけど)

仕事や私生活で何かを犠牲にしないラインをキープできれば
大丈夫なんだけど、その「犠牲にしていないライン」が無意識に
自分の中で変動してたりするのが怖いぜ
| taka | 2013/03/02 5:39 PM |
それでもブラックアーティスト取りますよね?
そういう方向性を楽しみにしております
| ラス | 2013/03/02 6:35 PM |
もちろんブラックアーティスト取るよ! でも、ちょっとどういう方向性にするかもっと検討する。具体的にはアクトバインドを伸ばすとか。
| かがみ | 2013/03/02 8:37 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック